大覚寺の桜の見頃はいつ?景色の写真、混雑、アクセスなどの観光ガイド

大覚寺 心経宝塔と桜

当サイトでは各種ASPを通じて広告・アフィリエイトリンクを掲載しています

大覚寺の桜 見どころを写真で紹介

大覚寺は、平安時代に創建された嵯峨天皇の離宮を起源とする真言宗の大寺院。

境内東側にある大沢池は平安時代の嵯峨院庭園の遺構であり、春には外周1kmにソメイヨシノが咲き誇ります。

大覚寺 大沢池とソメイヨシノ

大覚寺 大沢池とソメイヨシノ

大覚寺 心経宝塔と桜

また伽藍の勅使門の内側には遅咲きの紅枝垂れ桜があり、白砂の庭園にそっと色を添える京都らしいお寺の景色も楽しめます。

大覚寺 勅使門と紅枝垂れ桜

大覚寺 勅使門と紅枝垂れ桜

大覚寺の桜の見頃はいつ?目安も紹介

この記事の写真撮影日

ソメイヨシノ(散り始め)、紅枝垂れ桜:「4月14日 」 / (気象庁の開花宣言 3月31日 / 満開宣言 4月7日)

大覚寺の桜の見頃時期は「標準からやや遅め」です。ソメイヨシノが中心なので、満開宣言が出てから1週間から10日ほどの期間は見頃が続きます。

当サイトでは、「気象庁の京都市のソメイヨシノの開花、満開宣言より早い、または遅い」かを判断基準としています。

「2023年 開花 3月17日 / 満開 3月24日」

気候により開花や見頃の時期は年によって違いますが、「桜の花が咲く順番」は場所や木々によって例年ほぼ同じなので、ソメイヨシノの見頃を基準にすると早咲き、遅咲きの桜もおおよその満開時期を予想することができます。

大覚寺の桜の混雑

大覚寺 大沢池とソメイヨシノ

大覚寺 大沢池とソメイヨシノ

やや人は多いが境内は広いため煩わしいほどではない。

大覚寺の桜 写真撮影の注意事項

特になし。



大覚寺の桜 アクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 市バス(系統:28、91)「大覚寺」徒歩すぐ
  • 京都バス(系統:94)「大覚寺」徒歩すぐ

駐車場

大覚寺 バス停と駐車場

大覚寺バス停の隣に広い有料の駐車場がある。2時間500円。

大覚寺の基本情報

大覚寺 玄関門

  • 名前:だいかくじ / daikakuji
  • 公式情報:https://www.daikakuji.or.jp
  • 観光エリア:嵐山・嵯峨野
  • 住所:〒616-8411 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4( →地図でみる
  • 受付時間:9:00 ~ 16:30
  • 拝観料:堂内拝観 500円 / 大沢池300円
  • 所要時間の目安:1時間30分
京都の桜
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
京都観光に役立つ情報を発信!
京都のいろは