三室戸寺の桜の見頃はいつ?景色の写真、混雑、アクセスなどの観光ガイド

三室戸寺の桜

当サイトでは各種ASPを通じて広告・アフィリエイトリンクを掲載しています

三室戸寺の桜 見どころを写真で紹介

三室戸寺は奈良時代末期に創建されたと伝わる本山修験宗の古刹です。

近年に入って整備された広大な庭園にはツツジ、あじさい、シャクナゲなどが咲き誇る「花の寺」として有名ですが、境内には各所に桜も数本ありひっそりと京都らしい控えめな桜の景色を楽しめる穴場。

三室戸寺 庭園と紅枝垂れ桜

三室戸寺 庭園と紅枝垂れ桜

三室戸寺 三重塔と桜

三室戸寺の桜の見頃はいつ?目安も紹介

この記事の写真撮影日

ソメイヨシノ、紅枝垂れ桜:「4月7日 」 / (気象庁の開花宣言 3月24日 / 満開宣言 3月30日)

三室戸寺の桜の見頃時期は「遅め」です。ソメイヨシノの満開宣言から数日後経ってからの参拝がおすすめ。

当サイトでは、「気象庁の京都市のソメイヨシノの開花、満開宣言より早い、または遅い」かを判断基準としています。

「2023年 開花 3月17日 / 満開 3月24日」

気候により開花や見頃の時期は年によって違いますが、「桜の花が咲く順番」は場所や木々によって例年ほぼ同じなので、ソメイヨシノの見頃を基準にすると早咲き、遅咲きの桜もおおよその満開時期を予想することができます。

三室戸寺の桜の混雑

三室戸寺 門と桜

空いている。

三室戸寺の桜 写真撮影の注意事項

三脚禁止。



三室戸寺の桜 アクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 京阪電車「三室戸(みむろど)駅」徒歩15分
京阪宇治線と並行しているJR奈良線には三室戸駅がないので要注意!
「バス1日乗車券」、「地下鉄・バス1日乗車券」いずれも対象外のエリアです。1日乗車券のエリア外料金は現金払いのみで差額をICカードで支払うことはできません(全額支払いならばICカードOK)。

駐車場

三室戸寺の駐車場

門前に広い有料駐車場がある。

三室戸寺の基本情報

三室戸寺の境内入り口

  • 名前:みむろとじ / mimurotoji
  • 公式情報:https://www.mimurotoji.com
  • 観光エリア:宇治
  • 住所:〒611-0013 京都府宇治市莵道滋賀谷21( →地図でみる
  • 受付時間:8:30 ~ 16:00(11月 〜 3月は15:30) / 宝物館は毎月17日と特別展の期間の9:00のみ受付
  • 拝観料:500円
  • 所要時間の目安:1時間