正寿院の桜の見頃はいつ?景色の写真、ライトアップ、アクセスなどの観光ガイド

正寿院 猪目窓の桜

当サイトでは各種ASPを通じて広告・アフィリエイトリンクを掲載しています

正寿院の桜とライトアップ 見どころを写真で紹介

正寿院は新築された客殿にあるハート型の猪目窓と日本画家による美しい天井絵で有名なお寺。

春には境内や建物の周囲に桜が咲き誇り、この時期だけしか見られない景色を楽しめます。

正寿院 猪目窓の桜

正寿院 境内の桜

完全予約制 (→ 公式サイトから)のライトアップも行われます。

SNSにアップロードするのは禁止されていますが、猪目窓の襖を外して客殿の外一面にライトアップされたソメイヨシノが広がる風景も見事です。

正寿院 猪目窓の桜ライトアップ

正寿院の桜の見頃はいつ?目安も紹介

この記事の写真撮影日

ソメイヨシノ:「4月8日 」 / (気象庁の開花宣言 3月24日 / 満開宣言 3月30日)

正寿院の桜の見頃時期は「遅め」です。ソメイヨシノの満開宣言から1週間後くらいが目安。

毎年→ 公式のツイッターでも開花状況が報告されているのでこちらも要確認。

当サイトでは、「気象庁の京都市のソメイヨシノの開花、満開宣言より早い、または遅い」かを判断基準としています。

「2023年 開花 3月17日 / 満開 3月24日」

気候により開花や見頃の時期は年によって違いますが、「桜の花が咲く順番」は場所や木々によって例年ほぼ同じなので、ソメイヨシノの見頃を基準にすると早咲き、遅咲きの桜もおおよその満開時期を予想することができます。

正寿院の桜の混雑

正寿院 猪目窓と桜

アクセスが悪いため大混雑にはならないことが多い。

正寿院の桜 写真撮影の注意事項

三脚、自撮り棒禁止。



正寿院の桜 アクセス

住所と地図のリンク

宇治駅(平等院周辺)から正寿院まで車で約30分、京都駅からは有料道路通行で1時間ほど。

電車 バス

  • 京阪バス「維中前(いちゅうまえ)」からタクシーで20分

JR、または京阪電車の宇治駅から京阪バスに乗車し「維中前」バス停で下車(約30分)。

タクシーに乗り換えで約20分(維中前から正寿院まで約2500円)。電話番号はバス停に書いてある。

また3月から12月の土、休日ダイヤの日のみ正寿院前まで直通の「宇治茶バス」あり。

京都駅からレンタカーの利用が一番おすすめ。

「バス1日乗車券」、「地下鉄・バス1日乗車券」いずれも対象外のエリアです。1日乗車券のエリア外料金は現金払いのみで差額をICカードで支払うことはできません(全額支払いならばICカードOK)。

駐車場

正寿院 駐車場

無料の駐車場がある。

正寿院の基本情報

  • 名前:しょうじゅいん / shoujuin
  • 公式情報:http://shoujuin.boo.jp
  • 観光エリア:宇治
  • 住所:〒610-0211 京都府綴喜郡宇治田原町奥山田川上149( →地図でみる
  • 受付時間:9:00 ~ 16:30(11月 〜 3月は16:00) / 4月の第三日曜、8/17、12/26 〜 1/4は拝観謝絶
  • 拝観料:600円 / ライトアップ 1000円
  • 所要時間の目安:1時間
京都の桜
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
京都観光に役立つ情報を発信!
京都のいろは