背割堤の桜の見頃はいつ?景色の写真、混雑、アクセスなどの観光ガイド

背割堤の桜

背割堤の桜 見どころを写真で紹介

背割堤は宇治川と木津川の合流地点を東西に区切るように築かれた堤防。現在は淀川沿いの国営公園の一部として整備されています。

背割堤の桜

背割堤の桜

背割堤の上には昭和末期に植えられた250本のソメイヨシノがあり、東西に全長1.4kmの桜並木が続きます。

早朝から散策でき順光、逆光いずれも対応できるため、桜の季節はペットの記念写真やコスプレ愛好家、ドール撮影等のカメラ撮影スポットとしても人気。

背割堤の桜

背割堤の桜

公園なので飲食もOKですが、以前あったBBQエリアは現在廃止されてしまったようです。

背割堤と淀川の桜

背割堤の桜の見頃はいつ?目安も紹介

この記事の写真撮影日

ソメイヨシノ:「4月13日 」 / (気象庁の開花宣言 3月31日 / 満開宣言 4月7日)

背割堤の桜の見頃時期は「標準」です。ソメイヨシノの満開宣言が出てから訪問すればOK。

当サイトでは、「気象庁の京都市のソメイヨシノの開花、満開宣言より早い、または遅い」かを判断基準としています。

「2023年 開花 3月17日 / 満開 3月24日」

気候により開花や見頃の時期は年によって違いますが、「桜の花が咲く順番」は場所や木々によって例年ほぼ同じなので、ソメイヨシノの見頃を基準にすると早咲き、遅咲きの桜もおおよその満開時期を予想することができます。

背割堤の桜の混雑

背割堤の桜

人気の桜スポットなので人は多いが、園内はかなり広いため混雑は気にならない。

背割堤の桜 写真撮影の注意事項

特になし。



背割堤の桜 アクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 京阪電車「石清水八幡宮駅」徒歩10分
「バス1日乗車券」、「地下鉄・バス1日乗車券」いずれも対象外のエリアです。1日乗車券のエリア外料金は現金払いのみで差額をICカードで支払うことはできません(全額支払いならばICカードOK)。

駐車場

背割堤の駐車場

広い駐車場がある。

八幡駅周辺のコインパーキングも利用できる。

背割堤 八幡駅周辺のコインパーキング

背割堤の基本情報

背割堤と淀川の桜