観智院

観智院の門

観智院の概要

観智院は東寺に帰依した後宇多法皇の発願によって建立が計画され、延文四年(1359)頃に杲宝(ごうほう)によって建てられた。

杲宝は頼宝、亮禅と並ぶ同時代の傑出した真言宗の学僧の一人で、東寺の再興に大きく寄与した人物である。

杲宝が弟子の賢宝(けんぽう)と執筆した「東宝記」は創建から室町時代に至る東寺の歴史をまとめた貴重な資料であり国宝にも指定されている。

本尊の五大虚空蔵菩薩は平安時代九世紀に恵運が唐から招来したもので、かつては唐の都 長安の青龍寺に安置されていたと伝わる。賢宝によって観智院に祀られたという。

観智院の五大虚空蔵菩薩と愛染明王

仏像は撮影禁止 / 画像はグッズのポストカード

観智院は十五あった東寺の別院の中でも傑出した存在であり、江戸時代には徳川家康から東寺のみならず真言宗すべての勧学院とする黒印状が送られた。現在も東寺真言宗の別格本山を称する。

天災などで一時荒廃したが、慶長十年(1605)亮盛に再建されて現在に至っている。

本堂の愛染明王像は江戸時代の作で開運、子宝の信仰を集める。

茶室 楓泉観(ふうせんかん)は狩野派や南画の絵師 中林竹洞の襖絵がある。

平成六年(1994)東寺の伽藍を構成する一部としてユネスコ世界遺産に登録された。

以前は年に数回の特別公開だったが、近年は通年公開されておりいつでも拝観ができる。

観智院の見どころ

国宝の客殿

観智院の客殿は慶長十年再興されたときのものが残っており、桃山時代の書院造の典型として国宝の指定を受けている。

床の間には宮本武蔵が描いたと伝わる「鷲の図」と襖絵「竹林の図」がある。

長者の庭と呼ばれる客殿前庭は平成に入ってから作庭された枯山水で真言密教の世界を表現しているという。

観智院の枯山水庭園

観智院 写真撮影の注意事項

庭園のみ撮影可能。

観智院の混雑

空いている日が多い。

観智院の御朱印

観智院では御朱印の授与を行っていない。

東寺の授与所で本尊の虚空菩薩の御朱印を書いてもらえる。

観智院のアクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • JR線「京都駅」徒歩15分
  • 近鉄線「東寺駅」徒歩10分
  • 市バス(系統:18、42、71、207)「東寺東門前」徒歩5分
  • 市バス(系統:16、18、19、42、78、202、208)「東寺南門前」徒歩5分
  • 市バス(系統:16)「東寺西門前」徒歩5分

駐車場

東寺の駐車場

東寺の駐車場を利用。

観智院の基本情報

観智院 境内