真珠庵

大徳寺 真珠庵の門

真珠庵の概要

真珠庵は大徳寺の塔頭寺院で、延徳三年(1491)にとんちで知られる一休さんこと一休宗純を開祖として堺の豪商 尾和宗臨が創建した。

現在の方丈は江戸時代の建造。

書院である「通僊院(つうせんいん)」は桃山時代に正親町天皇(おおぎまちてんのう)の化粧殿を移築したものと伝わる。

茶室 庭玉軒は江戸時代に茶道 宗和流を開いた金森宗和好みとされ、建物内に内坪という路地がある珍しい構造で有名。

宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう、大燈国師とも)、一休宗純の墨蹟、墨渓筆の「達磨図」など数々の寺宝を所有している。

真珠庵は通常非公開です。公開時期は京都春秋の公式サイトを参照。

真珠庵の見どころ

枯山水 七五三の庭

真珠庵の方丈東にある庭園は一休宗純に参禅した侘び茶の祖 村田珠光の作庭とされる。

通称である「七五三の庭」は、15個の石を七五三に配した枯山水庭園であることに由来。

長谷川等伯の襖絵と現代アーティストによる「襖絵プロジェクト」

真珠庵の方丈には長谷川等伯による「商山四的皓図(しょうざんしこうず)」、「蜆子・猪頭図(けんす・ちょとうず)」などの障壁画がある。

現在これらの貴重な障壁画が修復に入り、代替として現代のクリエーターが手がけた襖絵に新調された。

    真珠庵の障壁画を手がけたクリエーター

  • 北見けんいち(釣りバカ日誌など)
  • 山賀博之(ガイナックス代表取締役)
  • 濱地創宗(画家 / 僧侶)
  • 山口和也(美術家)
  • 伊野孝之(イラストレーター)
  • 上国料勇(イラストレーター、アートディレクター)

真珠庵 写真撮影の注意事項

一切の写真撮影が禁止。

真珠庵の混雑

建物内は狭いのでやや混雑する。

混雑具合によっては入場制限あり。

真珠庵の御朱印

大徳寺 真珠庵の御朱印

300円。

真珠庵のアクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 市バス(系統:1、12、204、205、206、北8、M1)「大徳寺前」徒歩7分

駐車場

大徳寺の駐車場

大徳寺東門の有料駐車場を利用。

2時間500円。東門前の無料スペースは檀家専用なので観光客は駐車不可。

真珠庵の基本情報

大徳寺 真珠庵の門

  • 名前:しんじゅあん / shinjuan
  • 創建:1491年
  • 山号:
  • 開山 / 開基:一休宗純 / 尾和宗麟
  • 宗派:臨済宗大徳寺派
  • 本尊:十一面観音
  • 公式情報:https://kyotoshunju.com
  • 観光エリア:鷹峯・大徳寺
  • 住所:〒603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町52( →地図でみる
  • 受付時間:9:30 ~ 16:00
  • 拝観料:1200円
  • 所要時間の目安:30分