龍源院

龍源院 一枝坦

龍源院の概要

龍源院は大徳寺の塔頭で、文亀・永正年間(1501 〜 1521)に能登の領主 畠山義元、九州の都総督 大友義長らが東渓宗牧(とうけいそうぼく)を開祖として創建した。

大徳寺南派の本庵であり、境内で最も古い寺院でもある。

方丈は創建時代のもので、室町時代の禅宗客殿建築を当時のままの姿で現在に伝えている。

龍源院の見どころ

石庭 一枝坦

龍源院 一枝坦

龍源院の方丈前庭が一枝坦(いっしだん)である。

不老不死を求める蓬莱神仙思想に基づいた鶴亀庭園となっている。

かつては「楊貴妃」というサザンカの老木が赤い花を咲かせることで有名だったが、昭和後期に枯死してしまった。

苔庭 龍吟底

龍源院 龍吟庭

方丈の北庭は龍吟庭と呼ばれる。

相阿弥によって創建時代に作庭されたと伝わり、室町時代特有の三尊石組からなる須弥山(しゅみせん)式枯山水庭園である。

須弥山とは古代インド仏教の世界に九つあるとされる山の中心。

杉苔が大海原、石組みは陸地を表現している。

東滴壺と滹沱底

龍源院には、他にも東滴壺(とうてきこ)と滹沱底(こだてい)という庭園がある。

東滴壺は日本で最も小さい石庭といわれ、一滴の水が小川、大河、そして大海へと広がる様子が表現されている。

滹沱底は別名 阿吽の庭(あうんのにわ)といい、天地、陰陽、男女、+ーなど切っても切れない二対の関係という真理を表現している。

龍源院 写真撮影の注意事項

特になし。

龍源院の混雑

空いている日が多い。

龍源院の御朱印

龍源院の御朱印

300円。書き置きのみ。

龍源院のアクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 市バス(系統:1、12、204、205、206、北8、M1)「大徳寺前」徒歩5分

駐車場

大徳寺の駐車場

大徳寺東門の有料駐車場を利用。

2時間500円。東門前の無料スペースは檀家専用なので観光客は駐車不可。

龍源院の基本情報

龍源院の門

  • 名前:りょうげんいん / ryougenin
  • 創建:1501 〜 1521年
  • 山号:
  • 開山 / 開基:東渓宗牧 / 畠山義元 大友義長
  • 宗派:臨済宗大徳寺派
  • 本尊:釈迦如来
  • 公式情報:
  • 観光エリア:鷹峯・大徳寺
  • 住所:〒603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町82−1( →地図でみる
  • 受付時間:9:00 ~ 16:20
  • 拝観料:350円
  • 所要時間の目安:30分
鷹峯・大徳寺
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
京都観光に役立つ情報を発信!


人気の着物レンタルは事前のネット予約で!

大手の旅行サイト じゃらんでは事前に着物レンタルのネット予約が可能。口コミを見て評判の良い店舗を選ぶことができるので、カップル、友人同士、ご家族でぜひ出かけるの前の予約がおすすめ。いい記念写真が撮れるので、若い世代だけでなく幅広い年代から人気です。

京都のいろは