常照寺

常照寺 新緑の吉野門

常照寺の概要

鷹峯周辺はもともと本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)が江戸時代に徳川家康から拝領した土地であり、常照寺は元和二年(1616)光悦および息子の光瑳から寄進された地に日蓮宗の高僧 日乾上人を招聘して創建された。

寛永四年(1627)に僧侶の学問所として鷹峯檀林が開設され、最盛期には30以上のお堂に数百人が集まり勉学に励んだと伝わるが、明治時代の新規学制導入と共に廃檀となった。

境内には鬼子母尊神像を祀るお堂があり、子育て、子授けの神として信仰されている。

また最澄作と伝わる大黒天、光悦真筆の扁額などの寺宝も所有している。

常照寺の見どころ

吉野太夫 ゆかりの寺

常照寺 境内の新緑

江戸時代初期の芸姑 二代目吉野太夫(松田徳子)はその美貌はさることながら、和歌、書、茶湯、音曲、囲碁などあらゆる芸に秀でた人物であった。

吉野は芸を通じて親交のあった光悦の縁故で常照寺の開祖 日乾上人と対面した際、その学徳に帰依し寛永五年(1628)当寺に朱色の門を寄進した。

この門が現在も残る吉野門である。

茶室 遺芳庵の大丸窓は吉野が好んだことから吉野窓と呼ばれる。

常照寺 吉野窓と紅葉

吉野の墓も常照寺の境内にあり、歌舞伎役者、芸能人の参拝があるという。

毎年4月の第二日曜には吉野太夫 花供養が催される。

早朝拝観と紅葉

常照寺 吉野門の紅葉

常照寺の拝観は8:30からとなっているが、このお寺の住職の方は早起きをする人が好きという理由で8:30より早い時間から入場させてくれたり、御朱印を書いてくれたりすることがある。

鷹峯エリアは光悦寺が8:00、源光庵も紅葉シーズンは8:30開門と9時前から拝観できる所が多いので早朝の訪問がおすすめ。

常照寺 参道と吉野門の紅葉

常照寺 写真撮影の注意事項

三脚禁止。

常照寺の混雑

平時は空いている日が多い。

紅葉シーズンは観光バスが来るなど混雑する。

常照寺の御朱印

常照寺の御朱印

300円。

常照寺のアクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 市バス(系統:6、北1)「鷹峯源光庵前(たかがみねげんこうあんまえ)」徒歩2分

駐車場

常照寺の駐車場

広い無料駐車場がある。

紅葉シーズンは有料。

常照寺の基本情報

常照寺 新緑の吉野門

  • 名前:じょうしょうじ / joushoji
  • 創建:1616年
  • 山号:寂光山
  • 開山 / 開基:日乾
  • 宗派:日蓮宗
  • 本尊:久遠実成本師釈迦牟尼仏
  • 公式情報:
  • 観光エリア:鷹峯・大徳寺
  • 住所:〒603-8468 京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町1( →地図でみる
  • 受付時間:8:30 ~ 17:00
  • 拝観料:400円(11月の紅葉シーズンは500円)
  • 所要時間の目安:30分
鷹峯・大徳寺
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
京都観光に役立つ情報を発信!


人気の着物レンタルは事前のネット予約で!

大手の旅行サイト じゃらんでは事前に着物レンタルのネット予約が可能。口コミを見て評判の良い店舗を選ぶことができるので、カップル、友人同士、ご家族でぜひ出かけるの前の予約がおすすめ。いい記念写真が撮れるので、若い世代だけでなく幅広い年代から人気です。

京都のいろは