智積院

智積院 書院

智積院の概要

真言宗中興の祖である興教大師 覚鑁(こうぎょうたいし かくばん)は、保延六年(1140)に高野山から根来山(ねごろさん)に移り道場を開いた。

この道場は根来寺(ねごろじ)と呼ばれ、往時には3千棟近くの坊舎、6千人もの僧侶を抱える大寺院となった。

智積院はその中にある塔頭寺院の一つで、真言密教を学ぶ学問所として栄えていた。

天正十三年(1585)、根来寺は対立していた豊臣秀吉によって焼き払われたが、当時の智積院の学頭 玄侑(げんゆう)とその学僧たちは京都で難を逃れた。

その後、慶長六年(1601)に玄侑が徳川家康より許可を得て現在地に再興。

元和元年(1615)豊臣家が断絶すると、秀吉が息子 鶴松の菩提寺として建立した祥雲禅寺(しょううんぜんじ)の建築物、梵鐘、宝物を寄進され、「五百仏山(いおぶさん) 根来寺 智積院」と称するようになり現在に至る。

再興後も何度か火災にあっており、現在の金堂と本尊は昭和五十年(1975)の再建。

智積院 金堂

智積院は真言宗智山派の総本山であり、同宗派には成田山新勝寺(千葉)、川崎大師(神奈川)、高尾山薬王院(東京)など数多くの有名寺院が所属している。

智積院の見どころ

千利休好みの名勝庭園

智積院の書院前庭園は祥雲禅寺の庭を修築したもので、千利休好みとされる。

中国の廬山と長江をかたどった池泉鑑賞式庭園になっており、滝の部分は江戸時代に改造されたという。

長谷川等伯、久蔵筆の国宝障壁画

智積院の宝物館では長谷川等伯、および息子の久蔵筆の「桜楓図」を鑑賞できる。

いずれもかつて祥雲禅寺に飾られていたものという。

智積院 写真撮影の注意事項

智積院 参道の紅葉

境内は三脚禁止。金堂内部は撮影不可。

智積院の混雑

空いている日が多い。

智積院の御朱印

智積院の御朱印

300円。拝観前に預けておくとよい。

智積院のアクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 京阪電車「七条駅」徒歩10分
  • 市バス(系統:86、88、急行100、急行110、206、208)「東山七条」徒歩すぐ
  • 市バス(系統:86、88、急行100、、急行106、急行110、206、208)「博物館三十三間堂前」徒歩3分

駐車場

智積院の駐車場

広い無料駐車場がある。

智積院の基本情報

智積院 書院の門

  • 名前:ちしゃくいん / chisyakuin
  • 創建:1601年
  • 山号:五百佛山
  • 開山 / 開基:玄侑
  • 宗派:真言宗智山派総本山
  • 本尊:大日如来
  • 公式情報:http://www.chisan.or.jp
  • 観光エリア:清水寺・産寧坂・三十三間堂
  • 住所:〒605-0951 京都府京都市東山区東山区東瓦町 七条下る東瓦町964番地( →地図でみる
  • 受付時間:9:00 ~ 16:00
  • 拝観料:境内自由 / 宝物館と庭園は500円
  • 所要時間の目安:1時間