大原野神社

大原野神社 鳥居と青もみじ

大原野神社の概要

大原野神社は延暦三年(784)の長岡京遷都に際し桓武天皇の皇后 藤原乙牟漏(ふじわらのおとむろ)が春日大社(奈良県)の神々を勧請したのにはじまるという。

嘉祥三年(850)に文徳天皇が祖父 藤原冬嗣の念願を果たすべく社殿を建立し現在の社名となった。

平安時代に藤原氏が栄華を極めるとその氏神として篤く信仰され、藤原氏出身の皇后や中宮の参拝の記録が数多く残っている。

藤原氏の血をひく紫式部も一条天皇の中宮 彰子(しょうし / あきこ)について参拝したことがあり、小塩山を題材とした詠を残している他、源氏物語 「二十九帖」にも冷泉帝が大原野へ行幸する場面が登場する。

大原野神社 鯉沢池

応仁の乱(1467 〜 1477)で荒廃した後、江戸時代に後水尾上皇によって再興された。

境内には奈良の猿沢池を模した「鯉沢池」、清和天皇の産湯で大伴家持が愛飲したと伝わる名水「瀬和井」がある。

大原野神社の名水 瀬和井

大原野神社の見どころ

春日造の本殿と狛鹿

大原野神社 一間社春日造の本殿と狛鹿

現存する大原野神社の本殿は奈良の春日大社と同様、一間社春日造の建物が四棟並ぶ形式で屋根は檜皮葺きである。

建築年代については銘から文政五年(1822)、あるいは慶安年間(1648 〜 1652)に建てられたものを後に大修築した、など諸説ある。

本殿の前には狛犬の代わりに神の使いである「狛鹿」がいる。

また鯉沢池の近くにある若宮社も元禄十四年(1701)以前に建てられたものであることが分かっている。

大原野神社 若宮社の建物

境内外にある仁徳天皇をお祀りする摂社 樫本神社の本殿は平成二十九年(2017)の建て替えである。

大原野神社の摂社 樫本神社

千眼桜

大原野神社 千眼桜

大原野神社には千眼桜(せんがんざくら)と呼ばれる一重の枝垂れ桜がある。

満開の期間が短く幻の桜とも称される。

青もみじと紅葉

大原野神社 青もみじの参道

大原野神社の境内はもみじも多く、春から夏にかけては青もみじ、秋には紅葉が楽しめる。

大原野神社 鳥居と紅葉

竹林 穂垣の道

大原野・乙訓の地は高級たけのこの産地として知られる。

大原野神社には地域住民が地元の竹を活用して整備した「穂垣の道」と呼ばれる竹林がある。

大原野神社の竹林 穂垣の道

ご利益 願掛け

  • 良縁成就・縁結び
  • 家内安全
  • 夫婦円満
  • 厄除け
  • 交通安全
  • 心身清浄
  • 長寿・健康祈願
  • など

大原野神社 写真撮影の注意事項

本殿内陣は撮影禁止。

大原野神社の混雑

空いている日が多い。

大原野神社の御朱印

大原野神社の御朱印

大原野神社で授与される摂社末社の御朱印

300円。摂社の御朱印もある。

大原野神社のアクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 市バス(系統:臨西2)「南春日町」徒歩15分
  • 市バス(系統:西2、臨西2、西4、特西4、33、特33)「洛西高校前」徒歩30分
  • 阪急バス(系統:63)「南春日町」徒歩15分

最寄りの南春日町行きのバスは本数が少ないため、公共交通機関で行く場合は阪急電車「桂駅の西口」から「西2系統」で「洛西高校前」下車からの徒歩を検討したほうがよい。

タクシーの場合は阪急電車「洛西口、または東向日駅」、JR「桂川駅、または向日町駅」から約15分で料金は2000円程度。

このエリアの観光は車を活用したほうが周りやすい。

「バス1日乗車券」、「地下鉄・バス1日乗車券」いずれも対象外のエリアです。1日乗車券のエリア外料金は現金払いのみで差額をICカードで支払うことはできません(全額支払いならばICカードOK)。

駐車場

大原野神社の駐車場

鳥居の横に参拝者用の広い有料駐車場がある。終日500円。

無人の際は料金箱に納める。

バスはサイズに応じて1500~2000円。

大原野神社の基本情報

大原野神社の鳥居

  • 名前:おおはらのじんじゃ / oharanojinja
  • 創建:784年
  • 祭神:建御賀豆智命 / 伊波比主命 / 天之子八根命 / 比咩大神
  • 公式情報: http://oharano-jinja.jp/
  • 観光エリア:大原野神社・善峯寺・長岡天満宮
  • 住所:〒610-1153 京都府京都市西京区大原野南春日町1152( →地図でみる
  • 電話:TEL:075-331-0014
  • 受付時間:9:00 ~ 17:00
  • 拝観料:境内参拝無料
  • 所要時間の目安:30分