妙覚寺の桜の見頃はいつ?景色の写真、混雑、アクセスなどの観光ガイド

妙覚寺 山門と桜

当サイトでは各種ASPを通じて広告・アフィリエイトリンクを掲載しています

妙覚寺の桜 見どころを写真で紹介

妙覚寺(妙覺寺)は室町時代に創建された日蓮宗の本山の一つ。

往時は織田信長や伊達政宗の京都における宿所となり、千利休の茶会が催されたことでも知られています。

大門は豊臣秀吉の聚楽第の遺構という説があり、春になると一本の枝垂れ桜が山門に色を添えます。

妙覚寺 山門と桜

妙覚寺の桜の見頃はいつ?目安も紹介

この記事の写真撮影日

枝垂れ桜:「4月3日 」 / (気象庁の開花宣言 3月22日 / 満開宣言 4月30日)

妙覚寺の桜の見頃時期は「やや早めから標準」です。ソメイヨシノより散り始めるのが早いので要注意。

当サイトでは、「気象庁の京都市のソメイヨシノの開花、満開宣言より早い、または遅い」かを判断基準としています。

「2023年 開花 3月17日 / 満開 3月24日」

気候により開花や見頃の時期は年によって違いますが、「桜の花が咲く順番」は場所や木々によって例年ほぼ同じなので、ソメイヨシノの見頃を基準にすると早咲き、遅咲きの桜もおおよその満開時期を予想することができます。

妙覚寺の桜の混雑

空いている。

妙覚寺の桜 写真撮影の注意事項

特になし。



妙覚寺の桜 アクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 地下鉄 烏丸線「鞍馬口駅」徒歩10分
  • 市バス(系統:9、12、67)「天神公園前」徒歩3分

駐車場

妙覺寺の駐車場

境内南側(門の横)にコインパーキングがある。

妙覺寺の基本情報

京都の桜
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
京都観光に役立つ情報を発信!
京都のいろは