晴明神社

晴明神社の鳥居

晴明神社の概要

平安時代の天文学者 安倍晴明(あべのせいめい)は日本における陰陽道を確立した人物として名高く、また式神を操ることができる霊術を持っていた等数々の伝説が語られている。

皇族、貴族、庶民などあらゆる人々が救いを求めて晴明を訪ねたといい、星座の動きから花山天皇の退位を予知したという逸話も残る。

晴明神社は、寛弘四年(1007)晴明の功績を称える社として一条天皇の勅命により創建された。

境内はかつて晴明の屋敷があった場所に造営され往時は広大な神領を誇ったと伝わるが、応仁の乱(1467 〜 1477)など度重なる戦乱で荒廃、縮小してしまった。

現在の境内に落ち着いたのは昭和二十五年(1950)である。

境内にある晴明井は晴明の霊力によって湧き出たという伝承があり、悪病退散のご利益があるという。

晴明神社の社殿

晴明神社の見どころ

一条戻橋

晴明神社にある一条戻橋の復元

晴明神社のすぐ近くには平安時代から堀川の同じ場所に架けられている「一条戻橋(いちじょうもどりばし)」がある。

平安時代、漢学者の三善清行(みよしきよゆき)の葬列がこの橋を通った際、父の訃報を聞きつけ高野山から舞い戻った息子の浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)と出くわした。

浄蔵が棺にすがって祈りを捧げると、亡くなったはずの父が一度蘇ったという。

この逸話が「戻橋」の由来とされ、転じて結婚する女性が嫁ぎ先から「戻ってこない」よう、婚礼時に橋を渡ってはいけないという習わしがある。

また安倍晴明には12の式神がいたが、妻が怖がるのでこの橋の下に隠していた、という伝承も有名。

現在の戻橋は平成に入ってから新築したもので、晴明神社の参道には一世代前の戻橋を移築したものが飾られている。

ご利益 願掛け

  • 魔除け
  • 方除け
  • 火災除け
  • 病気平癒

晴明神社 写真撮影の注意事項

特になし。

晴明神社の混雑

やや混んでいる日が多い。

安倍晴明、陰陽師を題材とした作品の人気に伴い年々参拝者が増加。フィギュアスケートの羽生結弦選手のファンが訪れることでも知られる。

晴明神社の御朱印

晴明神社の御朱印

クリアファイル付きで500円。平時は書き置きのみ。

晴明神社のアクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • 地下鉄 烏丸線「今出川駅」徒歩12分
  • 市バス(系統:9、12、67「一条戻橋・晴明神社前」徒歩2分
  • 市バス(系統:9、12、67、51、59、201、203、急行102、急行111)「堀川今出川」徒歩2分

駐車場

晴明神社のコインパーキング

境内南側に比較的広いコインパーキングがある。

晴明神社の基本情報

晴明神社の鳥居

  • 名前:せいめいじんじゃ / seimeijinja
  • 創建:1007年
  • 祭神:安倍晴明 / 倉稲魂命
  • 公式情報:https://www.seimeijinja.jp
  • 観光エリア:二条城・西陣
  • 住所:〒602-8222 京都府京都市上京区晴明町 806堀川通( →地図でみる
  • 受付時間:9:00 ~ 18:00
  • 拝観料:境内自由
  • 所要時間の目安:30分