MIHO MUSEUM

MIHO MUSEUM 美術館入り口

MIHO MUSEUMの概要と見どころ

MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)は、神慈秀明会という宗教団体の開祖 小山美秀子氏(こやまみほこ、故人)の美術品コレクションを展示するために建設された美術館である。

信楽焼(しがらきやき)で有名な滋賀県 信楽の山間に広大な敷地を有し、とても私立のものとは思えない圧倒的なスケールを誇る。

設計者はフランス ルーブル美術館のピラミッドなどをデザインした世界的な建築家 I・M・ペイ(イオ・ミン・ペイ)。

MIHO MUSEUM ガラス張りの美術館

受付とレストランがあるレセプション棟と展示室のある美術館は500mほど離れており、トンネルをくぐり橋を渡って行き来する。電気自動車による無料の送迎もある。

MIHO MUSEUMの橋

桜の名所としても知られており、例年4月上旬から中旬を満開迎える。

有機野菜の栽培なども行っており、レセプション棟のレストランでは自家製野菜をふんだんに盛り込んだ食事が楽しめるほか、パンなどの販売もあり敷地内のテラスなどで食べることも可能。

開館日の敷地内は無料で開放されており(桜の季節は別)、美術館を見学せずレストランだけ利用することも可能。

MIHO MUSEUM 有機野菜のおにぎり定食

なお、宗教団体の所有施設ではあるが、展覧会の際に布教活動などを行っている様子はない。

MIHO MUSEUMは休館日が多いため、出かける前に公式サイトの開館スケジュールを要確認。

MIHO MUSEUM 写真撮影の注意事項

MIHO MUSEUM 送迎用の電気自動車

展示品の撮影は不可。

MIHO MUSEUMの混雑

山の中にあるが人気の美術館であり展覧会の期間はほぼ毎日混雑する。

ただし敷地や展示室は広いので煩わしいほどではない。

MIHO MUSEUMのアクセス

住所と地図、経路のリンク

電車 バス

  • JR線「石山駅」から帝産バス「ミホミュージアム」で約50分

ミホミュージアム行きのバスは1時間に1本だが、京都駅から石山駅までは約10分ほどなので、時間を調整すれば京都からでも1時間ちょっとで到着できる。

駐車場

miho museumの駐車場

広い無料の駐車場がある。

桜の時期は大混雑となるため早めの到着を心がけたい。

MIHO MUSEUMの基本情報

  • 名前:みほみゅーじあむ
  • 公式情報:http://www.miho.or.jp
  • 住所:〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300( →地図でみる
  • 受付時間:10:00 ~ 16:00
  • 入館料:1100円
  • 所要時間の目安:2時間