桂離宮・苔寺

京都 洛西に位置する「桂離宮」、「苔寺」周辺エリアの観光名所一覧です。

事前予約制など特殊な拝観手続きが必要な場所が多いので注意が必要になります。

各観光名所の「詳細をみる」ボタンを選択すると、由緒や縁起、見どころ、御朱印、アクセスや駐車場などの詳細な情報の解説ページを表示します。

絶対に訪れてほしい観光名所

桂離宮

桂離宮 書院と庭園

桂離宮は八条宮家初代 智仁親王とその息子 智忠親王によって造営された皇族の別荘であり、庭園、建物が江戸時代初期につくられた当時の姿のまま現存する。

建物内部や庭園には細やかな美しい装飾や仕掛けが散りばめられている。

  • 住所:〒615-8014 京都府京都市西京区桂御園( →地図でみる
  • 受付時間:9:00 ~ 16:00
  • 参観休止日:月曜(祝日の場合はその翌日) / 12/28 〜 1/4
  • 入場料:1000円(18歳以下は無料)
  • 所要時間の目安:1時間30分
宮内庁管轄施設のため参観には事前申し込みが必要です。詳細は宮内庁の公式案内を参照

苔寺(西芳寺)|【世界遺産】

苔寺(西芳寺)の庭園

苔寺(西芳寺)は奈良時代に行基が創建したと伝わる古刹。

室町時代に夢窓疎石によって作庭された庭園は国の特別名勝に数えられ、金閣寺や銀閣寺の庭園の見本になったとも言われる。

禅に傾倒していたApple社の創業者 故スティーブ・ジョブズが好んだ寺院としても有名。

  • 住所:〒615-8286 京都府京都市西京区松尾神ケ谷町56( →地図でみる
  • 受付時間:7 〜 9月 10:00 / それ以外 13:00
  • 冥加料:3000円
  • 所要時間の目安:1時間30分
苔寺の拝観は完全予約制。詳しくは公式サイトを参照。

鈴虫寺(華厳寺)

鈴虫寺の参道

鈴虫寺(華厳寺)は、住職による「鈴虫説法」が聞けることで有名な臨済宗の寺院である。

  • 住所:〒615-8294 京都府京都市西京区松室地家町31( →地図でみる
  • 受付時間:9:00 ~ 16:30
  • 拝観料:500円
  • 所要時間の目安:1時間

松尾大社

松尾大社 本殿と拝殿

松尾大社は、平安京遷都以前から存在すると伝わる京都の中でも有数の長い歴史をもつ神社である。古来より酒造・醸造の神として信仰が篤い。

境内には昭和を代表する庭師 重森三玲による三つの庭園がある。また神像館では平安時代の作とされる貴重な神像を間近で鑑賞できる。

  • 住所:〒616-0024 京都府京都市西京区嵐山宮町3( →地図でみる
  • 受付時間:境内自由 / 9:00 ~ 16:00(社務所)
  • 拝観料:境内自由 / 庭園と神像館 500円
  • 所要時間の目安:30分

時間があれば訪れてほしい観光名所

地蔵院(竹の寺)

地蔵院の本堂と新緑

地蔵院は、一休さんこと一休宗純が安国寺へ入寺する前の幼少期を過ごした寺院として知られ、境内が竹林に囲まれていることから竹の寺の通称でも呼ばれる。

方丈前にある「十六羅漢の庭」は開山の碧潭によるもの。猪目窓は毎年春と秋に特別公開される。

  • 住所:〒615-8285 京都府京都市西京区山田北ノ町23( →地図でみる
  • 受付時間:9:00 ~ 16:15
  • 拝観料:500円
  • 所要時間の目安:30分

浄住寺

浄住寺の本堂

浄住寺は、平安時代初期に嵯峨天皇の勅願所として慈覚大師 円仁によって創建されたと伝わる古刹。現在は黄檗宗の寺院となっている。

もみじに囲まれた境内は隠れた新緑と紅葉名所。

2017年から秋の紅葉シーズンにあわせて建物内部の特別公開が行われるようになった。

  • 住所:〒615-8276 京都府京都市西京区山田開キ町9( →地図でみる
  • 受付時間:境内自由 / 特別拝観9:00 ~ 16:00
  • 拝観料:境内自由 / 秋の特別拝観 600円
  • 所要時間の目安:15 〜 30分

梅宮大社

梅宮大社の拝殿と本殿

梅宮大社は、延喜式神名帳の二十二社にも列せられる由緒正しき神社。酒造、子授け・安産の神として信仰されている。

神苑では梅、ツツジ、カキツバタ、あじさいなど季節ごとに様々な花の景色を楽しめる。

  • 住所:〒615-0921 京都府京都市右京区梅津フケノ川町30( →地図でみる
  • 受付時間:境内自由 / 9:00 ~ 16:30
  • 拝観料:境内自由 / 神苑 550円
  • 所要時間の目安:30分

一緒に観光できる隣接したエリア

嵐山・嵯峨野

渡月橋、天龍寺、竹林の小径、嵯峨鳥居本の画像がグリッドで配置されています